コインランドリーで洗えないものはあるの?

コインランドリーで洗うのに注意が必要なもの

コインランドリーで洗えないものは化繊の布団といった大型のものが挙げられます。脱水や乾燥でどうしても型崩れしやすく、中身が偏ってしまうからです。最近のコインランドリー羽毛布団もこたつ布団も洗えるようなサイズ、機能を持ったものも出てきていますが、完璧に乾かさないとふんわりとした感触になりませんし、汚れやカビの原因になったりしますから、衛生面からあまりお勧めできないと言えます。もし洗う場合には乾燥時間を多めにして、少しでも湿っている状態があるようなら時間を延長するなど慎重さが必要になります。大型20キロ超のコインランドリーでも布団関係は1枚か2枚が目安となっています。ポリエステル素材は洗いやすく乾燥も早いですが静電気が発生することが多いのであまりお勧めできません。

コインランドリーで洗えないもの

コインランドリーでは赤ちゃんのおむつやペット用品などを洗濯したりすることは禁止されています。これは衛生面を重視するため、条例で規定されており、店内に注意書きが掲示されています。クリーニングの乾燥機では油のついたものを乾燥させるとガスの力で引火する危険性があるため、油のついた布などを乾燥しないようにとこちらも注意書きがされています。コインランドリーは大量に洗ったり、固形物などを入れてしまうと故障しやすいので、最近ではドアの部分にこのラインまでという容量の目安がわかるように入っています。動作中にドアを開けたりすると故障の原因になることもあるため、洗濯から乾燥まで一気にこなしてしまうマシンや洗剤が自動投入されるタイプなどが導入されています。

© Copyright Washing Machine Successfully. All Rights Reserved.